最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

アクセス解析

COUNTER

2006年9月15日 (金)

李登勝美術館(設楽町津具)

今日は、原木の出材のお願いに設楽町津具の「津具村森林組合」に来ました。佐々木さんと打合せ後、同森林組合の村松組合長のご自宅に伺うこととなりました。

組合長のお宅では、林業について有意義なお話を聞かせていただいただけでなく、私たちの話しも聞いていただきました。

せっかく来たのだからということで、ご自宅の裏にある「李登勝美術館」を見せていただきました。

李登勝画伯は、中国水墨画の天才画家としてしてしられた中国宮殿壁画の大家でもあり、人物画の第一人者です。

その李登勝画伯の日本第一号の美術館津具にあり、村松組合長は、その9名の発起人の一人です。

壁や天井に描かれた迫力ある水墨画、木に描かれた水墨画、美術館に入った瞬間に「うぉ~」っとうなってしまいました。

もう何も言いません。写真見てください。_146 _152_1 _155 _157 _158

李登勝美術館」は開館AM9:00 閉館PM9:00 年中無休 入館無料です。津具にお立ち寄りの際は、よってみてはいかが。

2006年7月31日 (月)

太鼓と笛のDUO 『ハレの音』

『ハレの音』 ご存知ですか? 

古代より『ハレ』の日を祝い、『ハレ』の日を囃し、奏でられてきた笛と太鼓。時を経て、太鼓がうたううた、おどる笛の音。

朋郎さん(内藤哲郎さん・武田朋子さん)のライブが、ゲスト石崎政輔さんを迎えて、ホルツ三河・円形ホールで開催されました。

7月29日の当日は、午前9時から準備に入り、午後7時の開演に備えました。

Tomoro3_1 リハーサルを拝見しましたが、すごい迫力。開演が楽しみです。

  Tomoto4_4

リハーサルの風景です。

午後7時となり、いよいよ始まりました。

お客さんも、リズムを取りながら、聞き入っています。

Tomoro6大盛況の中、午後9時半にフィナーレを迎えました。

終わったあとも、朋郎さん、石崎はファンの方に囲まれていました。

Tomoro7

皆さんも、機会があれば、ぜひ朋郎ライブを体感してみてください。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お役立ちリンク

  • HOLZ三河
    地域材を使った生活空間をトータルでサポートします。

ランキングサイト

  • このブログがお役に立てたならクリックお願いします。

サーチボックス

ご紹介

  • 事務所で重宝してます。
  • トナーです。