最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

アクセス解析

COUNTER

« 息子の学校で木の授業 | トップページ | 年賀状。 »

2007年12月22日 (土)

番付

番付といっても、相撲ではありません。

柱の番付をしました。

豊橋市大清水の西崎建築さんの物件で、来年2月の節分に棟上げ予定です。

ホルツ三河のプレカットで加工するのですが、材料は冨士杉材木店で入れさせてもらいました。

柱は桧で、通し柱には5寸角、管柱には4寸角を使っています。役柱も多く使っており、西崎さんと2時間ほど、材料とにらめっこしながら付けました。

番付とは、建物を組み立てるとき必要な、柱、梁(はり)、桁(けた)などの部材につける符号です。

図面の縦横に座標軸を取ったもので、横方向は、い・ろ・は、縦方向は、1・2・3といった具合です。

余談ではありますが、真っ先という意味の「いの一番」の語源は、この「い」の「1番」というところからきているそうです。

« 息子の学校で木の授業 | トップページ | 年賀状。 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お役立ちリンク

  • HOLZ三河
    地域材を使った生活空間をトータルでサポートします。

ランキングサイト

  • このブログがお役に立てたならクリックお願いします。

サーチボックス

ご紹介

  • 事務所で重宝してます。
  • トナーです。